Monthly Archives

7月 2020

事務所移転のお知らせ

By | お知らせ

現在の事務所はIT勉強会を開催できる勉強会スペースを併設した事務所となっております。新型コロナウイルスの影響により対面でのIT勉強会やセミナーの実施が難しい状況が続いており、またこの状況が続くことを考慮し事務所移転を行なうことに致しました。

またIT勉強会やセミナーはオンラインに移行しており、新しい事務所では人が集まる場所ではなくオンラインに対応した配信スタジオを兼ねた今までより小さな事務所として運営してまいります。

電話・FAXのクラウド化を合わせて行います

今回の引越しに合わせて電話・FAXをクラウド化いたします。引越しの度に番号変更が必要となる地域に紐付いた番号を今回廃止し、インターネットが繋がっている場所であれば電話とFAXが受信できる環境に変更致しました。詳細は以下URLからご確認できます。

移転先新住所と連絡先

新住所:大阪市中央区備後町2−5−6-203
電話番号:050-3503-8097
FAX番号:050-3503-8098

新住所での業務開始日時

2020年8月3日

※電話とFAX番号のみ202年7月27日から変更となります。

【電話とFAXのクラウド化】twilioとサーバレス環境を使って電話とFAXの内容をメールで受信する方法

By | tech

今回の新型コロナウイルスの影響で、勉強会スペースを縮小した形で事務所の引越しを行なうことにしたのですが、毎回面倒だなと思うのが電話番号やFAX番号の変更になります。ちょっとした距離であれば番号の変更も無く、今回も同じ区内の引越しだったのでおそらく番号変わらないのですが今後のことも考えて電話とFAXをクラウドから受信できるように変更しましたのでその内容を共有します。

今更クラウド電話は珍しくないし、FAXをメールで受信できるサービスも沢山あるから特に目新しくないのでは?

確かにIP電話でコールセンターが立ち上げられるサービスも、FAX受信もクラウドでできるサービスも沢山あります。今回紹介する方法の特徴は、電話やFAXの番号が1番号月額110円で取得できて、自分で応答方法をプログラミングすることができるという部分です。プログラミングと言っても、今回利用するtwilioというサービスが便利で、サーバーの用意も必要なく本格的なプログラミング知識も無く実装できるという点です。

自分で実装できれば圧倒的に運用費用が安くなる

自分でできなくとも、初期構築さえ終えてしまえば運用費は電話番号の取得費用を1番号110円支払って、後は普通の電話と同じくらいの従量課金を払えばOKです。つまり、電話とFAXを1回線づつ欲しい方であれば、月額220円+重量課金の通信量を払えば良いという安さになります。

全体の雰囲気と気軽に設定できるというのを感じていただければと思います。

まずはtwilioでアカウント作成と電話番号を購入

昔はアカウント作成後、簡単に電話番号の購入に進むことができたのですが、最近は本人確認書類の提出とBundles(本人認証)が必要になっております。

法人で利用する場合と個人で利用する場合では提出書類が異なるので、twilioサイトでご確認ください。

電話番号の部分から番号を購入に進みます。

日本を選択し、使う用途(Voice、Fax)を選択して検索を押す

検索を押すと、電話番号が沢山でてくるので好きな番号を選んでください。なお、日本の場合はおそらくどの番号も電話にもFAXにも使えるようになってます。ただ日本の番号はSMS等には対応していません。

好きな番号を選択して購入

Phone Numberの設定で着信があった時の処理を設定

購入した電話番号が着信した時の処理を設定していきます。twilioではTwiMLという着信があった時に処理を返すために記載するHTMLのような書き方があります。詳しく理解する必要は無いですが、TwiMLを書くことで着信の次の処理を指示できます。

TwiMLは自分でサーバーを立てて書くこともできるのですが、TwiML Binというサービスを使うとサーバーを用意する必要が無いのでそれを使います。今回は着信があるとHelloという名前を付けたTwiML Binを呼び出す設定になってます。

TwiML Binで処理内容をtwiML記法で書く

twiMLの記法はドキュメント等を参考にしながら記載します。<Say>というタグで自動音声を流す命令を出して、<Record>で録音処理へ繋げています。recordingStatusCallbackの指定しているURLがFunctionsで処理しているメール送信処理になります。

Functionsでメール送信処理を書く

Functionsでメール送信の処理を書きます。ここはChatworkに通知でも、Slackへの通知での自由に記載すればOKです。Javascriptで記載する必要があります。メールを送信する場合はメールサーバーが必要なのでメールサーバーは何か必要なのですが、Amazon SESを使って1箇所だけへのメール通知であれば費用はかからず処理できます。

これだけの処理で電話をクラウド化することが可能です。

既存の電話番号を生かしたい場合は転送を使えばOK

06番号など従来の固定電話にかかって来た電話もtwilioの番号に転送設定することで同様に使えます。固定電話番号は保持したいけど、電話のクラウド化もしたい場合は転送設定でOKです。ただ、転送の場合は固定電話番号からtwilio番号への転送料金が加算されますのでご注意ください。

twilioで電話やFaxをクラウド化することで実現できること

  • 電話が鳴らない事務所にできる
  • 外出先で電話内容とFAX内容がわかる
  • 引越ししても電話番号やFAX番号が変わらない
  • プログラムをすることでコールセンター構築等の拡張性がある
  • ランニングコストが安い

最初にも書きましたが、上記のできることはそれぞれバラバラのサービスであればすでに可能なことばかりですが、全てまとめてできるのはtwilioのメリットだと思います。

twilioでの電話やFAXのクラウド化に興味があればご連絡ください。

SOU Co.,Ltd.